お金くれる人
「生活に困っている20歳の女です。だれか、こんな私にお金くれる人いませんか。」掲示板にこんな事を載せてみました。すると「貸すよ。どこに行けばいい?」「何をしてくれるの?」「働け!」など、いろんな人から返信がありました。私は再度掲示板に「親が病気になってお金がない。誰かお金くれる人いない?」と、載せてみた。「嘘ついたらバチ当たるよ。」「返すなら貸すよ。」と、返信がありました。掲示板を利用している時にふと、とある文章に目が行きました。「お金くれる人になるよ。その代わり愛人になって。」と、言う内容でした。私は彼に変身しました。

「愛人って何するんですか?」「たまに会うときに色々してくれればいいよ。例えば、ご飯の用意や、一緒に出かけたりとそんな感じかな。そしたら数万円毎月あげるからどうかな?」私は即答し、彼と会いました。
玉の輿パパ活

彼は60代の太ったお爺さん。お金には困っていない生活を送っているけれど、妻には先立たれ1人の生活が寂しいと言っていました。私はこの人の愛人になりました。60代でも彼の性欲は強いと言っていました。しかし、身体の関係はなくお触り程度で終わる関係でした。

彼が来るとき出来るだけ自宅で夕飯を作るときは食事は少し柔らかめの料理。そうすると彼は凄く喜んでくれます。そして、買い物は傍目から見ると孫と一緒に買い物するように見えます。彼は私が欲しいというものを買ってくれて本当に優しい人です。

しかし、あれから3年後に彼は病気で亡くなりました。遺言には私にも財産を残してくれて、私はこの人に出会えてすごく嬉しかったです。そして、亡くなるのが早いと彼と写っている写真を見ながら泣いてしまいました。
パパ活掲示板
婚活アプリ
[メールボックス]

-人気No1の無料レンタル
ホームページサービス【ミテミテ】
-