セフレ募集
セフレ募集しても、毎回ぴったりな相手が来るとは限らない。なんどかメールでやり取りして、電話したりしながら、コンタクトをとってからのほうが、確率は上がる。
その間にサクラは見抜けるし。
よっぽどセックス依存症というか、そういう病気ならいざ知らず、普通の女の子がセフレ募集をするのだから、ほしいのはセックスというより、「セックスできる相手」なのだ。彼氏の代用品みたいなもん。
純粋にお金がほしいのか、淋しさのあまり誰かを求めているのか、セフレ募集する子の真の意図を見抜いてやる。これで、確実にやれる。
お金がほしいと思っているような子は、結構簡単に割り切れる。セフレ募集より、愛人とかパパでも募集したらいいと思うのだが、そういう子はそれ系にも登録しているはずだ。
愛人が欲しい
網を張る分、確率は上がるから。
逆に自分が狙うのは、淋しさのあまりってやつだ。こういう子は要注意なのだが、大当たり、ジャックポットを狙うなら、これ系に限る。
マメにメールの返信をしてやる。そして一言でいいから、何かほめる。「メール返信ありがとう。すげーうれしい」とか「早く会いたい」というような「こっちは相当期待してます」という雰囲気を、小出しにする。このちょいくすぐりが、すでに前戯なのだ。
セフレ募集で、女の子の方はセックスを求めているとは限らない。これが重要なポイントだ。こっちのセックスがしたいだけという気持ちをいかに隠すか。これも一種の礼儀なのだ。
実際「別にセックスしなくても会うだけで楽しいと思う」みたいなことを書いたら、わりと食いつきがよかったし。

出会いアプリ
セフレの作り方
[メールボックス]

-人気No1の無料レンタル
ホームページサービス【ミテミテ】
-