交際クラブ
芸能界に憧れてその世界に入りましたが、なかなかうまくいきません。芸能仕事一本だけでは生活が出来ないので、容姿に自信があった私は事務所の先輩の紹介で交際クラブの会員に入りました。そこでは一回のデートで5万くらいは稼げるし、普通の出会い系よりは安全でした。そして、交際クラブで知り合った岡村さんのおかげでなんとかお金には困らない生活を送っています。おかげでこの生活には不満はありませんが、やはり芸能界に入ったからには有名になりたい。だから、お金だけではなく私は小さな仕事でも頑張りました。

それから1年後。あるドラマに出演したことによって私の知名度は上がりました。岡村さんには感謝していますが、パパラッチに会ったらまずいので会う機会を減らしました。ところが、とある週刊誌に私が交際クラブの会員になっている記事が書かれていました。
謝礼 交際
何故知られたのか、私は必死に誤魔化しましたが何故か次々と真実が記載され誤魔化すことが出来ませんでした。そして、一枚の写真で私は誰がパパラッチに話したのかわかりました。その相手は岡村さん。写真にも岡村さんとのツーショットが載っていました。私はすぐに岡村さんに連絡をして聞きました。

「どうして、こう言うことをしたの。」「君が私を無視するからだよ。私はもっと君に会いたい。君のためにどのくらいお金を使っていると思っているんだ。」それからの私は芸能界から追放されました。弱っている私に優しくする岡村さんにムカつきましたがお金の為に我慢して会っています。
穂別いちご
デート援
[メールボックス]

-人気No1の無料レンタル
ホームページサービス【ミテミテ】
-