愛人生活
「椿姫」っていうオペラがあるじゃない? あれ、素敵だなーって。学生のころから、だから、愛人生活にあこがれがあったのね。
素敵な服着て、ちやほやされてさ。
学生の頃は、地味なやつだと思われてたけど、愛人生活目指してキャパクラで働きだして私は変わったと思う。
もともと顔の造形は悪くはなかったんだと思う。それに、昔から太れない体型で、小さい頃はバレエも習ってたし。
肌も髪も、みんなから褒められる。外国人みたいな感じの肌の質感なの。薄くて柔らかい肌と、髪は今は少し染めてるけど、ストレートで癖がまったくない。
そして、みんなからよく言われるけど、目が大きいのね。「すい込まれそうな目」ってよく言われる。
もともと愛人生活にあこがれがあるから、なれれば本当にキャパクラの仕事は楽しかった。
パパ募集
気位が高かったせいで、わりと単価の高いお客さんたくさんついてくれたし。
もちろん、嫉妬なんかもされたよ。だけど、椿姫だって、女から嫉妬くらいされてたはずって思えば、なんとも思わなかった。
嫉妬されて妬まれて、さらに「あんたたちとは格が違うの」って見せ付けてやれるわけで、逆に嫉妬されて喜んでた。これ、おいしいって。
愛人生活にはいったのは私が25の時だったかな。ちゃんとした会社の2代目社長さん。
まぁ、私にとっては若いアルフレードなわけだけど、当時若いって言っても、まぁ30代後半だったかしら。
そんな感じで、私の人生は、「椿姫」をなぞっているみたいだけど、まだ別に病に伏してはいない。
愛人探し
お金くれる人
[メールボックス]

-人気No1の無料レンタル
ホームページサービス【ミテミテ】
-