セフレの作り方
私には異性の親友がいます。名前は亮太。彼の両親とうちの両親が高校の同級生ということもあってか、親同士も仲がいい関係です。そのせいか、亮太と私をくっつけようと考えていたらしい。だけど、お互い好みのタイプが違うので親の言う通りにはなりませんでした。

ある日、私は亮太の家へ遊びに行きました。プレステ4をやるためにほぼ週3で亮太の家に通っています。「そんなにゲームやりたいなら買えよ。」「だって、亮太の家でやればタダで出来るじゃん。」こうして、遊びに行っては3時間から5時間ぐらいお邪魔しています。「なぁ、彼氏がいてもセフレの作り方知りたいと思ったことないか。」「セフレの作り方ないよ。」「マジで。彼女いつもマグロだから飽きてきたよ。」
童貞卒業
「可愛いじゃん。」「可愛くない。友達でセフレの作り方知っている人いない。」「そんなのいるわけないじゃん。出会い系を利用するか、それとも私とやるかだね。」冗談で言った言葉に亮太の顔は真剣になっていました。「ちょっと、冗談だから間に受けないでよ。」「冗談でそれは言うな。間に受けそうになったじゃん。」

それから3ヶ月後、亮太は彼女と別れました。そして、私も彼氏の浮気がきっかけに彼氏と別れてしまいました。「お互い1人だなぁ。」「そうだね。」「俺と付き合ってみないか。試しに、意外といいかもしれないよ。」「見た目がタイプじゃないから無理だけど、亮太の性格は好きだからお試し期間で付き合ってみようかな。」こうして私たちは両親には秘密でセフレではなく付き合うことになりました。
出会い系でLINE交換
出会いアプリ
[メールボックス]

-人気No1の無料レンタル
ホームページサービス【ミテミテ】
-